ストレスチェックとは何か - ストレスチェック制度の実施

ストレスチェックとは何か

ストレスチェックとは、労働安全衛生法の改正によって、従業員の人数が五十人以上の事業所に対して全従業員に実施しなければいけない制度です。ストレスチェックを行う狙いとしては、働く人が自分のストレスの度合い、どのような部分に対してストレスを抱いているのか把握し、セルフケアを行う事ができるようにするのと、強いストレスを持ってる方に産業医と面談を行い職場環境の改善を行い、うつや自殺による経済的損失を減らすのが目的です。

ストレスチェック情報ならこちらのサイトです。

ストレスチェックを行う方法としては、質問内容が書かれた紙に自分が該当する部分に対してチェックを記入していくものとウェブで同様に質問に対し該当する部分にチェックするものがあり、紙とウェブでの違いはあくまでデータの管理方法や産業医への提出方法の違いぐらいです。


質問の内容は、最近疲れている、仕事の量が多いと感じるなど直接仕事内容に対する本人の意識調査によるものや、相談できる同僚がいる、家族に信頼できる人物がいるなどストレスを緩和できるような相談相手がいるかどうかといった部分など複数のジャンルに対し各質問が十問前後あり、自分が思っていることを直接文章として書くようなものではありません。



やり方は質問に対し複数の選択肢の中から最も近いものに対しチェックを入れるだけの簡単な物なので特に悩むことも無く、三十分程度あれば終わるもので、誰でも他人の診断結果を見れるようなものではないので問題発言を避けなければと構える必要なく、思ってる事を素直に記入し自分のストレスの状況を把握できるものです。