義務化されたストレスチェックで従業員のケアを確実に

ストレスチェックが義務化されたのは2015年(平成27年)12月のことです。


精神疾患のために業務を継続することが困難な状況に陥るケースが増えてきているため、精神疾患を引き起こす要因として、従業員に過大なストレスがかかっているかどうかを判断することが求められていたという経緯があります。

幅広い分野のストレスチェックの情報を今すぐ確認できます。

抑うつ状態や適応障害など精神的な疾患の多くは外的な要因、つまり強いストレスによって引き起こされることが知られています。


本来はその人が持っているパフォーマンスを十分に発揮できないことにもつながりますので、職場でのストレスのコントロールはきわめて重要であると言えるでしょう。



ストレスチェックによって、高いストレスにさらされていると判断された場合には、精神疾患が表面化していなくとも、その予備軍である可能性があります。適正な方法でストレス源となっている状況を改善し、従業員のケアをしっかりと行っていくことが企業側に求められます。

具体的な改善方法としては、業務の軽減であったり適切な休息をとれるような環境を整えたりと、企業側の努力によって従業員を守るという観点で進めていかなければなりません。ストレスチェックの結果において雇用条件の不利益が発生しないように、実施者は公平さが担保される第三者の医師や保健師とすることが重要です。

働き方改革が叫ばれる昨今の社会情勢からも、快適な環境と良好な職場環境を整えることは企業側にとってもプラスに作用することは間違いないでしょう。